2009年04月18日

犬のがん予防

最近、犬や猫など動物ペットのがんが急増している。猫犬

ペットフードなどの食品添加物、除草剤やトリハロメタンなど水道水汚染や変異原生物質、
電磁波や公害、ダイオキシン等々の発ガン化促進因子が激増している事実は否めない。台風

また動物病院では、未だ免疫代替医療を本格的に実施しているところはほとんど皆無に近いのが
現状である。病院

ペットが「家族の一員」として重要な存在であり「ワンゲル係数」なる指標も存する一方、商品として
販売されてる事を鑑みると免疫医療を施す高額医療は飼い主の需要の障壁となっている実状は
ペットにとって悲しい現実ではある。ふくろ

免疫代替医療の最前線でフコイダンはがん予防に最大効果を上げているとの臨床例も多く聞く。
ならば動物ペットたちにも極めて有効だと推察出来るのである。ひらめき
posted by 万年少年 at 22:31| フコイダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

がん予防のエース

美容、美肌、ダイエット効果、血圧降下、血液浄化、ピロリ菌撃退の他に最大効能は免疫を増強し
自然治癒力を向上させる抗腫瘍抑制、抗癌効果が期待出来ると言う。
・・・究極のがん予防や生活習慣病予防に必須の健康補助食品と言える。ぴかぴか(新しい)

最近では単独で用いるよりアガリクス、メシマコブ、サメ抽出脂質など時間差で用いる併用摂取が
効果的だとの臨床報告も免疫代替医療を行う病院などでは多く聞かれる。病院
ラベル:フコイダン
posted by 万年少年 at 23:31| フコイダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

がん予防

医学的に人類最大の脅威としての不治の病である「がん」台風
「免疫病」とも言われ「免疫の健康」の重要性が再認識されている。病院
ここではいくつかの免疫賦活性食品やサプリメントを紹介しているが、
参考にされたら幸いである。目ぴかぴか(新しい)
ラベル:がん予防
posted by 万年少年 at 22:35| フコイダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

沖縄式健康法

全国一の長寿県を誇る沖縄。
しかし北海道や秋田県の人がいきなり沖縄に引っ越したとしても長寿になれる訳では無いという。
産まれついての気候風土、食生活、環境、子孫からの遺伝子等に大きく起因するからである。
長寿要因を述べるなら「陽光」「水」「海草摂取の多さ」「沖縄郷土料理」「時間の流れ」「笑い(ゆとり)」「農薬除草剤等の少なさ」「海」等々、自然環境の豊かさとそれに連動した生活習慣の質的差異と言えるだろう。
本土の人間が真似る事は不可能であるが、その理念を踏まえた生活習慣を是正改善する事はある程度は可能であろう。
それが健康寿命に比例するなら極めて深刻且つ必須な重要課題である。
だが現実論はエンゲル係数的見地から理想的生活習慣を実践していくのも家計の経済力と相関関係にあると誤解されやすい。
しかし裕福層だから長寿になるという事では無いのである。
何故なら沖縄県の人々は何もお金持ちだけが長生きしてる訳では無いからである。
今や世界一となった日本の長寿国は、昭和一桁世代の功績であると言われている。粗食に耐え戦時中の労苦を乗り越えた人たちの免役力は絶大なもので医療の進歩が拍車を掛けているのが最大要因であろう。
肝心なのは最低限の生活習慣の是正に向けて、必要項目を一つでも明日から実施していくだけでも長期的には違ってくる。
まずはなるべく休日には出来るだけお日様を一杯に浴びて家族や友人と接し多く笑う事だ。これだけで免疫力は大幅に増強する。
適度な運動で新陳代謝を促進し、豪華な食事など不要で質素でも楽しく時間をかけて会話しながら楽しく食事する。
ぬるいお風呂にゆっくり入り癒しの音楽でも聴いて就寝に就く。
これが最適な健康法と主観的に論じられる。コストは一切かからない。
さあ、明日から実践して行こう!揺れるハートハートたち(複数ハート)
晴れわーい(嬉しい顔)リゾートムードいい気分(温泉)バー眠い(睡眠)禁煙
ラベル:沖縄式健康法
posted by 万年少年 at 22:04| 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

ペットのがん

近年、急激に増加する犬や猫などペットのがんである。
二昔前なら殆ど周囲で耳にする事も無かった病例である。
人間並みにペットの環境、待遇、食習慣等も近づいたという証拠だ。
犬猫
獣医さんは決まって「原因は犬猫ペットたちも高齢化になった事です」と口を揃えて言うが具体的な特効的治療法は無く、人間同様である。
もうやだ〜(悲しい顔)
最大要因は「食習慣」である。人間程、商品の審査基準も厳しく無い上に雑多の有害な食品添加物が混入されている。
むかっ(怒り)
最悪なのはペットショップで産まれた時から既にペットフード投与の習慣を付けられている現状である。
可愛そうなのは動物たちで自ら食事を選べないという事にある。
たらーっ(汗)
農薬付き米や野菜果物が最も恐ろしい汚染物質である。パンチ

さらに環境汚染、発ガン性のトリハロメタンや除草剤シマジン入りの有毒水道水、ダイオキシン、周囲の電磁波、車などの騒音ストレスなどが拍車をかける。
車(RV)演劇たらーっ(汗)雷
人類最大の敵と言われてきたガンもペットブームに比例して急増している。もうやだ〜(悲しい顔)
ペットをガンから守る方法は人間同様に、これと言って無いのが現実である。
ならばせめて普段から予防医学の観点で食習慣、騒音等のストレス除去やお散歩による適度な運動と日光浴、シャンプーで清潔を保つ、日頃の動物病院での健康診断と併せて免役賦活サプリメントを常用することが大事なのである。揺れるハート黒ハート
ラベル:ペットのがん
posted by 万年少年 at 00:12| 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

ハンター細胞の産生の行方

丸山ワクチン的観点の論理だが、例えばゲル化した液体セラミックス等をナノテクノロジー駆使で悪細胞にレーザー蒸着させ、アポトーシスを促す。免疫細胞の攻撃との複合併用となる。
その際、産生する誘発促進遺伝子(理論的に発見可能か)を抽出培養し、再び移植する。

壊死因子の指令を帯び特化したハンター細胞はナチュラル・キラー細胞がサイトカイン等の活性化因子に感化されて標的細胞を追跡し殺傷するのとは別個に産生されハンターの役割を担うのである。目

生体内の転移悪細胞因子を追跡し、免役細胞群との連携でアポトーシスを誘導する。パンチむかっ(怒り)
これは周知のTNFα、IL12,INFα等の指令因子とは別に存在するであろうアポトーシス細胞内溶解の際に産生される副産物遺伝子があるのではないかとの仮説に基づいての極めて主観的構想ではあるが。
ひらめき目
ラベル:NK細胞活性
posted by 万年少年 at 22:18| 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アポトーシス誘導

近年、話題の免役賦活剤フコイダンはアポトーシス作用があると言われているが、他にも海からの贈り物で有益な物質はないだろうか?

太古の昔、人類の祖先は海から上がって来たという。

海に生息する深海魚、深海プランクトン等の原始生命体、海綿、珊瑚や胡蝶貝、海亀、海蛇毒・・・・等々の臨床検体としての検証を唱える医学者が居ると聞く。ひらめき目本耳
ラベル:アポトーシス
posted by 万年少年 at 10:06| フコイダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免疫力のアップ

健康維持や病気予防または病気治療において最も重要な要素が免疫力の
恒常性であり、いわゆる「免役の健康」である。

自己免疫力が極度に低下すると潜在的未病が発病化してしまう。

如何に健康的な免疫力の恒常性を維持していくかという事が病気予防には欠かせない必須課題である。

ただ余りに免役力が異常的に上がり「免役の暴走」を引き起こすことも
またある種の病因であり、複合発症を誘発するという懸念もある。

健康体を保持する為に適正な免疫力の恒常性を維持していくという事が如何に難しい問題であるかが解る。

バッド(下向き矢印)病院
ラベル:免疫力
posted by 万年少年 at 02:12| 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。